武山忠司。1979年岐阜生まれ。武蔵野美術大学卒業。仕事は沖縄と東京でウェブとデザインとイラストの株式会社机(沖縄 デザイン)やってます。お仕事のご相談24時間365日受付中。

おめでとうのページ


All Pages |  1  |  2 

2009年10月25日 (日)

ソウジュの結婚式@ハイアット リージェンシー 京都

[ おめでとう]

先週末日曜、京都で高校の友だちソウジュの結婚式。

土曜夜、フットサル終わりでそのまま新幹線。バックパックの中では汗臭いユニフォームとスパイク、それとフォーマルな革靴が同居している。匂いうつったら嫌だなあと思いながらiphoneいじってたら京都についた。最近移動中にずっとiphoneいじってしまうので本読む時間が確実に減ったわ。23時半、京都着。木屋町で飲んでる岐阜クルーに合流。ウオちゃんとヒロシ以外は本当ひさしぶり。ぼっちんとか7、8年ぶりくらいかもしれん。飲んでそのままジャンカラへ。男7人で体育会系カラオケ。あ〜おもろ。帰りにスキャットさんオススメのみよしのラーメン食べる。うまかった!ウオ家で5時就寝。

あけて日曜。昼、結婚式会場のハイアット リージェンシー 京都へ。

光り輝くイエスの御前、キッスの横では教会の神父がSFホラーみたくなってた!

20091018-IMG_0252.jpg

披露宴。ソウジュの奥様きれい!おめでとう!

ハイアット リージェンシー 京都

新郎は次から次へとにかくビールをつがれるのだけどそれ全部飲んでたら当然追いつかない。その為、席の脇にはバケツがこっそり用意してあり次がれたビールをそこに流していく。でも熱い新郎はつがれたビールを全部飲んでいった結果、そのバケツにごっそり吐いてた。そこに吐いてる人をみたのは初めて。おめでとー!

素敵な結婚式でした。ハイアット リージェンシー 京都の披露宴ご飯がびっくりするくらい美味かった。

帰り、岐阜までミノワの車に乗せて貰う。実家泊。なぜか父親が「JIN」を買いそろえていたので読み始める。面白い!1巻から11巻くらいまで読んだところで就寝。続き読みたい。タイミング良くドラマも始まっていたので観たのだけど、ドラマは面白くないなあ。でも桐谷健太出てるからみようかな。

JIN―仁 (第1巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)
村上 もとか 酒井 シヅ 富田 泰彦 大庭 邦彦
集英社
おすすめ度の平均: 4.5
5 もしブラック・ジャックが江戸時代に行ったら…的。「医は仁術」
2 幕末にタイムスリップした医師の大活躍を描く意欲作!。
5 これは良い組み合わせ
5 ドラマより原作漫画の方が良い
5 ドラマ化ビックリ

投稿者 takeyama : 01:59

2009年1月10日 (土)

魚夫妻に子どもが生まれた

[ おめでとう]

朝起きてカーテンをあけると辺り一面の雪景色!という期待が裏切られる。雪全然ふってない。がっかりだ。昨晩しまい忘れて、表でびしょ濡れになっている自転車を急いで片付ける。

昼過ぎ、仕事してると京都の魚ちゃんからメール。

生まれたとのこと!男の子!

おめでとう!

予定日が1/20くらいだと聞いていたので、予想以上に早くてびっくり。前に京都で会ったときには、出産が数日おくれたら俺と一緒やね。と言うようなことを話してたら、武山と同じ誕生日は何としても避けたいので何が何でもひねり出す!とは言ってたけどさ。どうやら本当にひねり出したね。

嫁に出産ニュースを伝えているうちに、なぜかボロボロ泣けてくる。なんか自分に子どもが出来てから明らかに涙もろくなっている。なんだこりゃ。心底嬉しいです。

夜、魚ちゃんから写メおくってもらう。こりゃ似てるわ。当たり前だけど本当に魚ちゃんとさかちんを足して2で割ったような顔だ。かわいいね。

暖かくなったら遊びにいきます!


投稿者 takeyama : 01:20

2008年10月18日 (土)

ハヤトとユッキン結婚おめでとう

[ おめでとう]

すげえ更新とどこおってた。相変わらずバタバタの日々が続いている。

先週末、ハヤトの結婚式に参列してきた。とてもいい式でした。おめでとう。

数ヶ月前スライドビデオの制作を命ぜられ、素材写真の提供を受けていたオレは、例によってほとんど制作のモチベーションがあがっていないまま気が付けば本番一週間前。いやモチベーションが上がった時もあった。その数日前には、CMディレクターとしても活躍中、ウェディングビデオ制作をさせたら右にでるものはいないAの西荻愛の巣まで夜中にチャリとばして、参考作品をみせてもらいにまで行った。で、そのあまりのクオリティの高さに嫌気がさし、結局何も手つかずのままだった。本番一週間前の週末、新郎自ら我が家に来てケツ叩かれたのでやっと作り始めようかなという雰囲気が漂い始めた。そこで新たな事実が告げられる。そもそも披露宴の食事中にダラダラと人知れずながされる予定だったそのビデオは、どうやら友人代表の余興にランクアップしたようだ。音大卒の新婦の友人達のたっての希望により、グランドビアノ生演奏生歌という余興レベルMAXのパフォーマンスが行われることになったため、それへの返答として新郎側もパフォーマンスを行う必要が出てきた。しかしシャイなガイ揃いの新郎側、もちろん誰もやりたがらない。で、苦肉の策として、スライドビデオが余興レベルに昇進したらしい。そんなこと知らないよ。

という訳で、当日の朝までかかって何とか制作。寝ないで新幹線。新神戸へ。

駅横の立派なホテル、クラウンプラザ神戸へ。

初めてあったハヤトのお父さん。どうもはじめまして。いきなり酔っている。

ホテル内のチャペルで式を挙げた後、屋上庭園で記念撮影し、披露宴へ。ハヤトはそつなくタスクをクリアしていく。何か面白いことないのかなと思っていると、友だちのM君のスピーチが相当面白い。やや硬直ぎみだった空気をいっきにほぐしたM君。さすがだ。さすが生コン会社の社長じゃないね。会うのは、いつかのメタモルフォーゼ以来の2回目でした。

やはり素敵な生歌披露の後、ビデオ上映。ビデオ上映はまあまあ良かったけど、その前の制作者紹介でのオレのスピーチがひどかった。一人で話して一人で笑っちゃう感じ。会場はシーン。そうあれ。あれやっちゃいました。

で、そのまま二次会@三ノ宮。三次会@秋篠宮も泊まったとか泊まらなかったとかいうホテルのスウィート。

結局ほとんど寝られてないままなので本当疲れたけど、とても楽しかった。おめでとう。

あと来月には東京でも二次会があるらしいので、みんなで行・こ・う!


20081011-R0013565.jpg
投稿者 takeyama : 23:12

2008年9月14日 (日)

結婚パーリーはしご

[ おめでとう]

今日は結婚式二次会はしごDAY。

こんなときに限ってマイワイフSが乳腺炎になってしまった。非常に辛そうだ。行くのやめようかと思ったが、上の階のMさんがヘルプに来てくれるという。マイワイフSも「そうそうあることじゃないから行ってこい。」と言ってくれることだしお言葉に甘えてここはひとつ。

まずは武蔵小山へ。Tの結婚式二次会。Tは明和電機のマネージャーなので会場も明和アトリエ。さすがというか何というか、勝谷さん(テレビによく出ている怖い人)がスピーチしてたりして、あ、Tってちゃんと働いてるんだと知りました。さらに明和の社長とパラダイス山元さんとリアルヒッピーのタイチ弟&彼女が何故か一緒にセッションしたり。スメリーがラップしてたりと盛りだくさん。ひさしぶりに木村君にも会えてよかった。2006年のカウパレード以来。KIMURA作品たっぷりのDVDもらった。家かえって早速見たら相変わらずすげえアホ。パーリーもDVDもとてもよかった。

かなり異色なカルテ ット。GRで撮ったのでさすがに粗い。

wedding_taichi.jpg

おめでとー!末永くお幸せに。

そのあと六本木へ向かう。ああもうかなり酔っている。

ツタヤの前でA君と合流。お久しぶり。A君も新婚さんだわ。おめでとう!酔っぱらっている俺は、ほとんど連れてかれるようにSNの二次会会場へ。こちらは先ほどまでのカオスぷりとはうってかわって、六本木ヒルズ内の上品な会場。さすが。みなさんパリッとしたスーツきてて。いささかのアウェー感は感じなくもないが、新鮮で楽しい。だいたいこの2つのパーリーを同じ日に同じ服装でいくこと自体に無理がある気がする。SNは中学の同級生で、当時から殆ど変わっていない印象のSNが、綺麗なドレスに身を包んでて真横には素敵なダンナがいてと、そんな姿をみるだけで本当によかったね〜。Kと結婚することにならなくて本当によかったね〜、と心の底からそう思う。おめでとー!そして彼女の奥に目を向けると、SNのお母さんであり俺が通っていた小学校の先生でもあるS先生がいる。二次会には参加されないものかと思ってたので、これまたびっくり。したのもつかの間、気が付くと先生既にお帰りになっていた。残念。話したかった。


wedding_nana.jpg

これくらいからもうあまり覚えていない。SN夫妻とはあんま話せなかったので今度またゆっくり遊びたいわ。ミシも来られなかったし。あらためておめでとー!

とても濃い日曜。楽しかった。


投稿者 takeyama : 21:34

2007年10月 6日 (土)

三宿シニフィアン・シニフィエでお祝い

[ おめでとう, たべる]

昼、仕事。夜、三茶へ。

Aと待ち合わせて、大学時代の友だちK君の結婚式2次会へ。
Aの大学時代窯工部繋がりの先輩Iさんも合流。はじめまして。Iさんは、愛知県出身ということで俄然親近感。

会場は三宿のパン屋さん。
三宿なんて来たこともなければ、歩いてる人全員芸能人なんじゃないか。
なんてビクビクしつつ会場までたどり着く。

会場は予想通りお洒落な店。
パンとワインとチーズの店だって、そんな内容で成り立つのか。店。
成り立つらしいさすがは三宿。
新婦さんの元仕事先のシェフが独立して始めたらしい。

K君と会うのすげえ久しぶりの俺なんかが偶然きてしまった2次会は、シェフがとても素敵なおじさまだったり、イノトモさんが歌ったり、パンやチーズその他の料理がやたら美味しかったり、数種類のビール、他にもワインやいろいろ飲み放題だったりといたれりつくせり。最高です。イノトモさんのサポートギターをされていたIさんという方が相当おもしろかった。なぜかおもしろい人は吉祥寺に多い。

来場されたK君ママ、グランマにもご挨拶。彼が三重出身なので、こちらも俄然親近感で東海ローカルトーク。お茶の先生をしてらっしゃるというグランマは東京まできて結婚式に参加、2次会にも合流。携帯写真で息子を写メするというもの凄いハイパーなお方でした。すばらしい。

末永くお幸せに!
ありがとうございました。

おいしいお店はこちら。
シニフィアン・シニフィエ【三宿】 - [パン]All About
◇ ■ Signifiant_Signifie □ ◆

家に帰ると、奥さんとMどんが織田裕二と優香と飛鳥涼のモノマネで大盛り上がり。
俺、相当酔ってる。仮眠。


投稿者 takeyama : 23:44

2007年9月23日 (日)

ゆうじの結婚式

[ おめでとう]

結局仕事で寝ていない。
今日は、小中学校の同級生・ゆうじの結婚式。

朝、友だちに向かえに来てもらって、そのまま長良川河畔のホテル、みやこホテルへ。このホテルは自分たちの結婚式の時も、一応下見には来たのだけど、値段が高かったのでやめたところ。ちなみにここの隣は安藤忠雄設計の卵型国際会議場。

教会式から披露宴。
いやー。何回出てもやっぱり楽しい友だちの結婚式。
例によってビデオはI君にまかせて、俺はもっぱらスチルの撮影。
泣ける。そんな詳しくは書けませんが、今回は特に飛び道具的なあれがあったためにいつもより数倍泣ける。

新郎も泣く。
0709 Yuji01

友だちも泣く。
0709 Yuji02

いやいい結婚式だ。
0709 Yuji03

いややっぱりこりゃいい結婚式だったと、夢見がちに友だちの車にゆられている帰宅途中、気がつくと横には白バイが。一気に目が覚める。運転してた友だちはもちろん飲んでない。どうやらシートベルトをしていなかったので、止められたら、運悪く免許を財布ごと家に置いてきてしまっていたとのこと。

0709 Yuji04

いやおめでたい席ですから。なんて眠気眼でいってみても全くだめ。
そりゃそうだ。ここで「そっかあ!わるいわるい!」なんて陽気に言ってしまう白バイがいたら岐阜も神奈川県警と肩並べちゃいますよね。

一旦家に帰ってから2次会へ。
これまた久しぶりの中学校の面々。中学校の時に担任が、最近大型バイクの免許を取りに教習所に通っていたという、すげえどうでもいい情報なんかをゲット。もうそんじょそこらの昼メロじゃ追いつかないくらいに入り組んでいる地元の男女関係の端々なんかも垣間見つつ、夜はふける。あー楽しい。

結局、3次会まで頑張って家に帰ると殆ど朝。

寝てない上に酒のんだにしては相当頑張った。
いや他の面々にもますます会いたくなった。
東京で岐阜会、企画しようかな。


投稿者 takeyama : 23:15

2007年9月22日 (土)

一瞬帰省

[ おめでとう, くらす]

全然日記更新できてなかったー。
忙しかった。とかいって、今も真っ最中。
の中、週末2日間だけ一瞬だけ岐阜に帰省中。

帰りの新幹線、大抵なら旅のお供はお茶とお菓子なのだが、何故か今日はお弁当とビールとおつまみ。新幹線でビール飲むの、初めての気がする。このスピード感。いつもより酔いのまわりが早い気がする。飛行機なら分かるが、新幹線の疾走感で酔いがまわるなんてあまり聞いたことがない。

明日は友達の結婚式。

おめでとうございます。

例によってビデオとスチルのカメラをやらないといけないのだが、最近、昼夜逆転の生活なので非常にまずい。早めに寝よう。


投稿者 takeyama : 23:13

2007年4月 1日 (日)

ウメ結婚式

[ おめでとう, くらす]

ウメとエミさん結婚おめでとう。
結婚式で初めて泣いたわ。
いやーよかった。
明日からのグアム、楽しんできてください。

Ume-Emisan


投稿者 takeyama : 22:31

2007年3月31日 (土)

帰省

[ おめでとう, くらす]

昼、仕事&パッキング。
夕方、岐阜へ帰る。
新幹線の車内で食べようと、品川駅のアンデルセンでパンを4つ買う。
いつもよく多く買う。
改札の方へ少し歩くと、新しい駅ビルが出現し、
中には美味そうなおにぎりやらカツサンドやら総菜が満載だった。
明日は中学の友達の結婚式。
1年半ほど前に買ったスーツが着られるかどうかだけが心配だった。


投稿者 takeyama : 22:18

2006年5月28日 (日)

こうへいちゃん結婚パーリー

[ おめでとう]

昼、家作業。
今夜は池袋でこうへいちゃんの結婚パーリーがある。
式はもう前に済ませているらしく、今日は友人だけが集まるような簡素な物と勝手に決めつけていたので、特にいつものスニーカーとかでいいんじゃないかと思っていた。会場になっている池袋にあるそのレストランには行ったことがなかったので、場所を調べるためにググってみるとさあ大変。

ぐるなび - Italian Dining GRIP

予想以上にフォーマルな雰囲気が漂っている。

これはまずいということで着るモノを用意したいものの、あいにく我が家には就職活動の時に買ってみたスーツしかない。やっとの思い出探した革靴も、なんならカビが生えているんじゃないかくらいの発酵具合に仕上がっている。しばらくぶりに着てみたスーツは、ウェストが4年前よりあきらかにキツイ。ベルトがいらなくなってきた。

困ったなと思いながらも気がつくともうフットサルの時間だ。
スーツ一式を抱えて信濃町でフットサルして千駄ヶ谷コートでシャワー浴びてパリっとしてから会場へ。

会場に着くと、大抵スーツだった。
よかったねえ、と胸をなで下ろしていると、ひさしぶりにあったシゲルはジーンズだった。
あ。ジーンズもありだったのか。

パーリーはお約束の幼少時代からの回想ビデオや新郎新婦への質問コーナーなんかもあり、とても良かった。
そして「ウチの大学出ててこんな幸せになってる人がいる」という事にとても勇気づけられた。
ありがとうこうへいちゃん。お幸せに。

アルバムが回ってきたので再撮してみた神前式の二人はこちら。


投稿者 ta : 22:35

2006年4月14日 (金)

ご結婚おめでとうございます

[ おめでとう, わすれない]

先日、ジャニスのWさんとIさんがほぼ同時期に結婚されました。
おめでとうございます。
御祝いの席に紛れ込んで、焼き肉食わせてもらってきた。
ごちそうさまでした。
帰りは太っ腹なSさんがタク代だしてくれた。
ありがとうございます。

酔っぱらって大変だったKさんを赤堤に送り届けた後、永福に向かう。
豪徳寺あたりから永福に抜けるのは、結構難しい。迷いたくなければ、一度環七に戻った方がよい。
でもタクのおじさん、やけに自信満々だった。
「あーいけますいけます。」
で、安心して乗っていたら、やっぱり松原あたりの路地で迷いやがった。
しかしそのまま適当に進むタクおじさん。
気がつくと、下高井戸の駅前に出ている。
「あ。やっぱりプロは違うな。」と感心していると、
なぜかタクシーは駅前を抜けて一路、日大通りを桜上水のほうに走り続ける。
そして水道道路を左折したあたりで、それはやっと確信に変わった。

「道、まちがえてません?」
「いやそんなことないですよ。」

とこれまた自信満々なものだから、
「あ。やっぱりプロは違うな。」とまた安心する。

そして気がつくと、経堂の駅前に戻ってきていた。
このおやじ、驚くくらい何にも分かっていなかった。

何に腹が立つかって、その運転手の傍らに設置されている電源の入っていないカーナビだ。
「ふざけんな。」
と僕は言ったよ。
そのカーナビに言ったよ。
お前もカーナビだったら、こんなとき、電源くらい勝手に付けよ。

メーターとめてもらったよ。
いや何なら巻き戻してもらいたいくらいだ。

東京のタクシーはまずい。
ていうか、東京のタクシーしかしらない。

ウルトラローカルなエントリーですいません。
もしかしてこういうのロングテールっていうやつ?
格好いいとこみせちゃったかなあ?
悪いなあ!


投稿者 ta : 23:20

2005年10月23日 (日)

かーめんの結婚式

[ おめでとう, でかける]

●今日は、小中の同級生かーめん(男)の結婚式だ。
かーめんもいよいよ結婚かと思うと、こみあげてくるものがある。
教会で式をあげたあと披露宴。3回くらい衣装替えをしていた。忙しそうだ。
御祝いの席なので次から次へとお酒をつがれるかーめん。
かーめんは、もともと色黒なのだけど、時間が経つにつれて顔色がより黒くなっていた。
何も知らない人がみたら、
「結婚式どころじゃないよ。肝臓が悪いよ花婿!」
と119番してしまうだろう。
結婚式でつがれるお酒を花婿がつぎつぎと飲んでいては大変なことになってしまう、ということで、そういう場では大抵テーブルの下にバケツを用意しておき、そこにつがれるお酒をどんどん入れていく。というのが1つの方法となっているようだが、かーめんはそんなことはしない。
情にあついかーめんは、「いや折角ついでもらった気持ちだから」とつがれたお酒をどんどん飲み干していく。
格好いいよかーめん。
黒いよかーめん。
結婚おめでとうかーめん。

Camen

●で、例によってビデオ係を命ぜられた俺は、面倒臭くなってI君にビデオをまかせた。
デジカメはNにまかせた。
俺はフィルムで時々撮った。


投稿者 ta : 22:07

2005年5月31日 (火)

結婚

[ あう, おめでとう]

●朝8時起床。何だかいつもと寝起きの感覚が違う。こころなしか世界が爽やかな気がする。やはりこれは睡眠ゴールデンタイム(22時から2時)のおかげか。昼、仕事。ずっとレイハラカミの新譜を聴いてばかりいる。

●夜、渋谷へ。
3年前にしていた仕事でお世話になった方々、Iさん、Iさん、Sさん、Sさんと御飯。俺が大好きなEさんは家庭の事情で欠席とのこと。とても寂しい。で、そのうちの一人、Iさんが結婚したらしい。らしいっていうか、もう既に先週式を挙げた上に、お腹には7ヶ月が潜んでいる。Iさんが結婚すること自体には驚かないのだけど、その相手に驚いた。僕も一緒に働かせてもらっていたあのSさんですって!
あのSさん何ですってぇ、フロアの。
なんて言ってみたところで分かる人は皆無だと思う。
とにかく驚いた。ともあれ、おめでとうございます。
臨月までのスケジュールがバッチリ埋まっていると、笑いながらいうDのIさん。
大丈夫なのかそれって。

ごちそうさまでした。

●気が付くと23時を過ぎていた。まずい。
昨日から、今日のうちに寝る習慣を付ける、と決めていた。
1時間遅れで就寝。

●今日で5月も終わり。もう梅雨だ。
信じられないことに、まだ暗室を作っていない。
その事実にのけぞる。なんてダメなんだ。


投稿者 ta : 23:55

2004年6月18日 (金)

おめでとう

[ おめでとう, くらす]

●で、ほとんど寝てない。家にも帰っていない。そのまま仕事。もうやばい。Tシャツは訪ねた家々で借りているのでまあ大丈夫だとしても靴下からパンツまではほぼ3日目。ていうか、ほぼでもない。3日目。

●帰宅。仕事。シャワー。終電。三鷹。K家パーリー。
明け方近く、井の頭公園で花火する。しばらくしてから警官が自転車にまたがってやってきた。颯爽と現れた。怒られた。
「はやく消すっ!」
その警官はその後、少し離れたところにあるベンチで寝ていたロッカー風の男にも声をかけた。なんて言っているのかまでは聞き取れなかったが、きっとこう言っていたんだと思う。
「俺も昔はロックしてたんだよね。」
そんなことを言われたその男は、ギターと生活道具一切が詰まったその大きなカートを転がして、そこからトボトボと立ち去っていく。ロックだわあ。
●眠たくならないのが不思議なくらい寝ていない。ご飯とお菓子は別腹です。

●K家で寝る。久しぶりにたくさん寝る。

●結婚おめでとう。Uが結婚するのです。
ああああ。本当におめでとーっ。
ロックだわあ。


投稿者 ta : 13:09

2004年5月23日 (日)

なべ結婚式

[ おめでとう]

●始発で岐阜へ。米原駅で乗り換え。この駅で電車を待っている人達は大抵つぶぞろい。いつもどおりいい顔している人がたくさんいる。今日は中学の友達Nの結婚式。
会場に着くと、知っている顔がたくさん。みなさんどうもおひさしぶりです。
新郎新婦はお人形のように椅子に座ってただただ写真を撮られている。挨拶する間もなく新婦のお兄さんからビデオカメラを手渡される。
「よろしくお願いします。」
例によって僕はまたビデオ係のようです。このあいだのNの結婚式の時はビデオだけじゃなく写真も撮らなくてはいけなくて、忙しかったが、今回は式場お付きのカメラマンがいるので一手間らく。そのカメラマンが一緒に頑張りましょうと声をかけてくる。
「はい!がんばりましょう!」と意気投合。
ほんと映像科卒業してて役に立つ時といえば、友達の結婚式の時でしょう。

●式始まる。なぜか教会式。

●披露宴始まる。なぜかディズニー調の会場。聞くところによると、新婦さんが大のディズニー好きらしく、入籍した日はディズニーの誕生日だとかなんとか。各自の席の背もたれには風船がくくりつけてある。椅子に座ると風船が頭の上にふわふわとしている図はかなり愉快。何も考えてきていなかったKのスピーチがあったり、ライブがあったりとかなり無茶な感じの披露宴。

●2次会。2次会以上に同窓会な様相。10年ぶりに会う人がたくさんいる。なぜかスピーチを命ぜられる。新郎の母からの手紙を僕が読むことに。幹事のKもよく分かっちゃいないと思う。そんな泣ける手紙を読ませるにはもっとも適していないだろう僕に、なぜそんなことをさせるのか。ほら。その手紙を勝手にアレンジして読み出してしまった。そしてNの名前を間違えてしまう、それも3回くらい間違えた。ごめんなさい。お酒を飲み過ぎる。ひさしぶりに視界が明滅した。

●ともあれ、おめでとうございます。子供は予定通り10月に生まれるそうです。


投稿者 ta : 23:58

2004年2月22日 (日)

結婚相談所

[ おめでとう, くらす]

●朝、起きると携帯にメールが届いていた。
以下、転載。

彼女ができました。 そしたら 子供もできました! 結婚します! 結婚式をあげますのでそのときは是非ご出席お願いします! 日時は5月23日12時30分です! お待ちしてまーす!

日時まで既に書いてある。詳細なのにやけっぱちっぽいこのメール。

びっくりです。もう。
京都の友達のWから。そんな素振りは全くなかった。
結婚すると言うことよりもびっくりなのは、この文面なのだけど。

この格好良さったらない。
「アボガド数日経ちましたー。柔らなくなりすぎましたー。」
というノリで結婚している。

朝から相当感動。
笑いながらも、ちょっと泣くくらい。(だから最近涙腺が弱いのです)
彼はアボガドノリで結婚するってのに、

●京都の他の友達に連絡。

「びっくりだねえ。すごいねえ。」

「え? 何が?」

「だからWのこと。」

「え? だから何が?」

詳細を説明すると全く知らないという。

「武山だまされたんだよー。」

こういう種類の嘘があるとしたら、それは一体なんだろう。全く意味のない嘘。素敵だわー。
って納得してる場合じゃない。おれの涙は何処へいく。

●W本人に電話。
やはり話は全く通じない。あのメールは一体なんだ。
だから今朝のオレの涙は何処へいく。

●メールアドレスを再確認。
オレが間違えていた。地元の友達Wでした。
僕がアドレス登録を間違えていました。オレの間違いだった。

地元のWなら泣かないな。全然なっとくしてしまう。

●ともあれおめでたい。
おめでとーっ!
式行きます。
それまでにはご祝儀渡せる懐になっておきます。
ギャルソンのダブルも買っておきます。

●夜、Aさん遊びに来る。ホッケ食う。


投稿者 ta : 23:03
previous /next

All Pages |  1  |  2