武山忠司。1979年岐阜生まれ。武蔵野美術大学卒業。仕事は沖縄と東京でウェブとデザインとイラストの株式会社机(沖縄 デザイン)やってます。お仕事のご相談24時間365日受付中。

2007年10月15日 (月) 

肺気胸は英語でpneumothorax(ニューモソラックス)

[ わすれない]

ここ何日かあんま記憶がない。
仕事と並行して旅行の準備してた。
軽くトレッキングする予定もあるので何となくそれ用のゴアテックスでもなんでもない靴買ったり、一生物だ!とちょっと奮発してゴアテックスのカッパ買ったり、向こうでwifiをゲットする為に引越以来繋げてなかったのでアカウントを凍結されていた悪名高きFONを復活させてみたり。

で、何より大事なことは、英語で「肺気胸」を言えるようにしておくこと。

こないだの年末に我が身に降りかかった肺気胸の悪夢。退院する時に「特に何をしてはいけない。ということはなく、サッカーだろうがマラソンだろうがダイビングだろうが何してもいいんだけど、海外に行く時は現地の言葉で肺気胸を何て言うか覚えてから旅行してね。右肺は手術したから大丈夫だろうけど、左肺に起こる可能性あるからね。」と、お医者様に言われたのです。

調べようとも、和英辞書には載ってなかったため、ちょっと大変。
こんな時こそインターネット。
こんな素敵な個人サイトが見つかった。名前もずばりそのまま。

海外で気胸になったら


【pneumothorax(ニューモソラックス)】気胸。

「ニューモ」が空気に関係していて、例えばpneumonia(ニューモニア)は「肺炎」です。ちなみに「自然気胸」は「自然に起きる」という意味の”spontaneous”(スパンテイニアス)を頭に付けて”spontaneous pneumothorax”となります。

【pneumothorax(ニューモソラックス)】気胸ね。
どうりで見つからない訳だ。ずっと「肺気胸」で調べてた。

このサイトには他にも便利な病気・治療関連の言葉が沢山並んでる。
できればお世話にはなりたくないものだ。


投稿者 takeyama : 2007年10月15日 23:19