武山忠司。1979年岐阜生まれ。武蔵野美術大学卒業。仕事は沖縄と東京でウェブとデザインとイラストの株式会社机(沖縄 デザイン)やってます。お仕事のご相談24時間365日受付中。

2006年5月18日 (木) 

お父さんは心配症/岡田あーみん

[ よむ]


"お父さんは心配症 (1)" (岡田 あーみん)

最近Sがゲットしてきた「お父さんは心配症」「ルナティック雑伎団」を続けて読んだ。 いわずとしれた天才漫画家・岡田あーみんの作品だ。なぜか最近再評価著しいらしい。 mixiでも岡田あーみんコミュニティは1万人を越えてるとか。

「お父さんは心配症」は実家に全巻揃っていた。連載当時、リボンを愛読していた姉が単行本まで買っていたので、半分無理矢理それを読まされていた記憶がうっすらとある。まだ小学校低学年だった俺は、いろんな意味がわからなかった。でもいろんな場面でやたら怖がっていた記憶がある。そして今読み返すと、それ大分間違えた読み方をしていたことが分かった。
山で遭難した話の中で、お寺に住む蛇女に襲われる場面があるのだが、もうこの蛇女がどうしても怖くてしょうがなかった。トイレ一人でいけないくらい怖がっていた気がする。今見ると、ビックリするくらい怖くないんだこれが。お父さんやキャプテンのがよっぽど怖いわ。

前は全然気がつかなかった事柄。
・お父さんがやたら若作り
・あまりのテンションの高さ
・キノコの登場回数
・血の描写がやたら生々しくねっとりしている


"ルナティック雑技団 (1)" (岡田 あーみん)

で、続けて「ルナティック雑伎団」。 これは始めて読む。 面白くてびっくりした。絵もうまくなっていてビックリした。

あー。あと「こいつら100%伝説」も読まないと。買わないと。

どうやら昔読んでいた漫画を読み返すと相当面白いらしい。
"有閑倶楽部" (一条 ゆかり)有閑倶楽部と、"あさりちゃん" (室山 まゆみ)"パタリロ!" (魔夜 峰央)"シティ・ハンター" (北条 司)
ここらへんは本当数え切れないくらい繰り返し読んでたわ。
実家帰ればきっと何処かにまだあるはず。すげえ読みたい。

と、調べるとまだあさりちゃんとパタリロって続いてるぽい。びびった。


投稿者 ta : 2006年5月18日 22:51

関連する記事