武山忠司。1979年岐阜生まれ。武蔵野美術大学卒業。仕事は沖縄と東京でウェブとデザインとイラストの株式会社机(沖縄 デザイン)やってます。お仕事のご相談24時間365日受付中。

2006年1月19日 (木) 

トリビア2006

[ わすれない]

●2006年にもなってトリビアとはいまさら何言ってるんだ俺という思いが強い。大変だ。
でもこれだけは言わずにはいられない。

「トリビアなるもの」と「トリビアかもしれないもの」は全く別物だ。

この違いに気がつかないと、人は大変恥ずかしい思いをすることになる。
俺は大変恥ずかしかった。

数日前のこと。
TVのニュース番組を見ていると、ある事件の取材で佐賀の町並みが放送されていた。
そしてその時隣にいたSに何となく言ってしまった。

「佐賀県、田舎やね。松雪泰子も佐賀出身やけど、公表してないらしいよ。田舎やから。」

「それ、はなわが歌ってたよね。。」

「!」

こんなめにあったら誰だって、これが本厄なのかあ!と不安になる。本厄ではないにも関わらず。
だから再確認は絶対に必要だ。
アドバイスとしては、もし喉まで来ているその伝聞が佐賀県に関するものの場合、90%超の確立でそれは、はなわネタだろう。だからもう佐賀県の事は話さなくてもいいと思う。

俺は大変恥ずかしかった。大変だった。
もう恥ずかしくて日記になんてカ・ケ・ナ・イ!
オザケンの新しいアルバム楽しみだなあ。とりあえず買うなあ。この間の年末の掃除で押入の奥から出てきた売ってなかったレコードの中に、オザケンのLifeとラブリーか何かのアナログが出てきた。
これ辛いわ。捨てられないし。売っても安い。
大切にしてくれる誰か、もらってくれ。もれなく俺の90年代もついてくる。


投稿者 ta : 2006年1月19日 23:48