武山忠司。1979年岐阜生まれ。武蔵野美術大学卒業。仕事は沖縄と東京でウェブとデザインとイラストの株式会社机(沖縄 デザイン)やってます。お仕事のご相談24時間365日受付中。

2008年6月 5日 (木) 

福山の会社

[ はたらく]

広島に来ている。ある会社WEBを作ることになったのはいいが、仕事内容もよく知らないということで、撮影も兼ねて会社を訪ねる。やっぱりいいものを作ろうと思ったら現地に来ないといけよね。広島といえばやはり、お好み焼きを食べたり市電にのったり、広島市民球場でナイターみたり、原爆ドームを見学したりしようと思っていたよね。ところが広島は広島でも広島市ではなく来てみるとそこは福山市。広島というかここはほとんど岡山で、さらにお好み焼きも特に名物ではないという。殆ど岐阜と見紛うようないわゆる普通の地方都市。繊維の町というのも共通だわ。お好み焼きがなくていささかがっかりしていたのだけど、予想以上に会社が面白く、特にはもう使われなくなった会社の上層階が相当あつい。もうWEBには絶対使えないようなものばかりに目が行ってしまう。楽しい。

なんせ完全自給自足なもので、社内の風景はもとより、社員さんも撮影しなきゃいけない。載せるテキストも作るため、撮影しながらICレコーダーまわしてインタビュー。インタビューなんてしたことない。できるわけないやんけと思いつつも、これが意外にいけてびっくりした。俺、引き出せてる。

で、このインタビューデータのまとめ・構成・テキスト起こしは、東京にいる不動のアートディレクターMに頼みます。

20080605-IMG_4172.jpg20080605-IMG_4179.jpg20080605-IMG_4180.jpg20080605-IMG_4185.jpg20080605-IMG_4187.jpg

で、昨日は寝れないままにそのまま広島来たのもあり、夕方には相当クタクタ。用意してもらった宿に戻りすぐ眠りに落ちる。夜、腹がすいて起きるもここはやや郊外の宿でまわりに何もない。コンビニとスキヤで迷った挙げ句、東京でも行ったことがないスキヤに行くことにする。すると、夜11時に家族5人でスキヤのテーブルを囲む家族に遭遇。あ。そんな思い出はないが、なぜか懐かしい景色。家族の風景。


投稿者 takeyama : 2008年6月 5日 23:08

関連する記事