武山忠司。1979年岐阜生まれ。武蔵野美術大学卒業。仕事は沖縄と東京でウェブとデザインとイラストの株式会社机(沖縄 デザイン)やってます。お仕事のご相談24時間365日受付中。

2005年10月 7日 (金) 

白玉うちどめ

[ くらす]

●もう今年は紀の善の白玉が食べられない。
この間、京都からUちゃんが来ていたとき、是非にと思って神楽坂の紀の善まで連れて行った。行った時間が少し遅かった。閉店直前で白玉は既に売り切れていた。その時に店員さんが、今期の白玉販売は明日で終了、という事を教えてくれた。
白玉に季節があるなんて知らなかった。
明日と言っても今日の明日ではない。
数週間前の明日なのだから、もうとっくに白玉の季節は終わっている。
俺は今無性に白玉が食べたい。
玉三のではない。紀の善の白玉が食べたい。
来年の白玉シーズンが来るまで、この思いが頭を離れなかったらどうしよう。
白玉の事を考えながら、食欲の秋。
白玉の事を考えながら、クリスマス。
白玉の事を考えながら、除夜の鐘。
白玉の事を考えながら、花粉症。
これぐらいのイベントを乗り越えればまた紀の善の白玉が食える!
すぐだわ。これ。

●明け方、A家から帰宅。
ひさしぶりにこんな時間まで起きている。
まだ眠たくならないのでそのまま作業。


投稿者 ta : 2005年10月 7日 22:29

関連する記事