武山忠司。1979年岐阜生まれ。武蔵野美術大学卒業。仕事は沖縄と東京でウェブとデザインとイラストの株式会社机(沖縄 デザイン)やってます。お仕事のご相談24時間365日受付中。

2005年4月27日 (水) 

イッセイミヤケ

[ くらす]

●夕方、IBに行く。どうもお久しぶりです、ってこの間Gさん主宰の焼き肉の会で会ってた。

●夜、新宿へ。Mちゃんと「バッド・エデュケーション」を観に行く。
感想も書きたいけど、どうしても消化不良の部分(またウトウトしてしまっただけです)があるのでもう一回観に行く。テアトル・タイムズスクエアは毎水曜日、男も千円で映画が観られる。

●大阪に住んでいる姉が電話をしてきた。
「もうすぐお母さん(幸子)の誕生日だから還暦祝いをあげた方がいいんじゃない?おぼえてた?」
覚えてるも何もその案を姉に打診したのは俺だ。それももう数ヶ月も前にメールしたのに、何の音沙汰もなかったのはそっちでしょうに。そんな姉は、大阪の高島屋かどこかでハウエルを売っている。
で、姉がいうには母親はイッセイミヤケが好きらしい。そんなこと全然知らなかった。いつもハトヤみたいな服着てるな、としか思ってなかった。だからイッセイミヤケをプレゼントすれば間違いがないんじゃないか、と姉は言う。僕はもっぱらヴィヴィアンウエストウッドかポールスミスをTPOで使いこなすというスタンスなので、イッセイミヤケというのがどんな位置付けのブランドなのかよく知らない。だけど姉が言うには、幸子はイッセイミヤケがそうとう好きらしい。姉が実家に帰ったとき、幸子の着ている服の趣味の悪さに言及すると、幸子はいつもこう言うらしい。
「でもこれイッセイだから!」
そんな幸子は本当に格好いい。幸子は本当にイッセイミヤケが好きなんだ。

●で、姉から聞いた話によると、俺の父親は最近はもうこの愛すべき息子の日記を読んでないらしい。
姉にこうもらしたそうだ。
「いやだって、夕飯に何食べたとか、映画何見たとかしか書いてないから。」
それこそが反戦活動だのに。おおマイファーザー。


投稿者 ta : 2005年4月27日 22:09

関連する記事