武山忠司。1979年岐阜生まれ。武蔵野美術大学卒業。仕事は沖縄と東京でウェブとデザインとイラストの株式会社机(沖縄 デザイン)やってます。お仕事のご相談24時間365日受付中。

2004年4月16日 (金) 

観察の場合

[ くらす]

●おひさしぶりのNさんからのお誘い、高円寺・円盤での上野茂都という人のライブにも行けなかった。おちこむわあ。そして明和電機恒例アトリエ花見会の招待メールが何かの間違いでTから来ていたのだけど、それに気がついたのは今さっき。だいたい花見って桜もうないし。おちこむわあ。

●今年もまた庭いじりへの情熱が盛り上がってきている。ふつふつきている。
多分来週あたりには、盛り上がりが頂点に達するだろう。その予想される頂点に、いかにこの体をベストの状態にもってくるかが問題だ。今のままでは草抜きできるかすら危うい。最近の生活において、日常的に手に持つ一番重い物っていったら、何だろう。
やかんだ。
そんな今の生活はあまりにもひどい。コーヒーと森永ビスケットで成り立っている生活なんてもういやだ。

それに来月は地元でWの結婚式があるので、スーツを新調しなくちゃいけない。
トゥモロウランドに並ばなきゃいけない。

もうこんなにスーツばっかり買っていたら、クローゼットにはいりきらないよ。

スーツを売ったお金でひまわりの種を大量に買った。ひまわりと一口にいってもそれはも実に様々な種類がある。

ロシアンとか。

●で、この間、モロヘイヤが高いんだよ。っていう話をしてたら、吐き捨てるように誰かに言われた。

「育てればいいじゃん。」

そのとおりじゃないか。
そうか。そだてればいいんだ。ひまわりよりももっと情熱を注げられる愛の対象がそこにはあった。モロヘイヤ。だって食べられるんだよ、モロヘイヤ。じゃあモロヘイヤは台所で育てるのがいいでしょう。そうしましょう。

で、ひまわりの場合。

今年はどのような形態で観察日記をつけていこうかと考える。
去年のひまわり日誌は、(日記もひまわりも)途中でおわってしまった上に、ひまわりを観察すらしていなかった。ちょっと読み返してみると、だいたい最初からひまわりを観察してやろう、という意気込みが感じられない。対象そのものではなく、その対象をダシにいかに楽しく遊ぶか、という情熱しか伝わってこない。こんなことではダメでしょう。そんなわけで今年はホンキでひまわりにかぶりついてく予定。

ひまわり観察日記なのか、日誌なのか。だいたいこれらは違うのか。


投稿者 ta : 2004年4月16日 23:35

関連する記事